MENU

顔汗の予防はこうやったほうが良い!

顔汗を止めたいからと、水分を取らないでいても改善しません。
少しでも顔汗を止めたい場合の予防法を考えてみようと思います。

 

・冷やす
顔汗の予防としては首筋を保冷剤で冷やすことで、顔の汗をでなくする方法があります。
保冷剤が無い場合でも、水などで首筋を冷やすことによって、体感温度が下がり、顔汗をかかなくなります。
顔汗で化粧崩れがある場合、肌をおさえることで解消されます。

 

顔汗が酷く化粧直し程度では治らない場合は、汗の量が減りすぎているのが原因です。
冷房の効いた所で過ごしていたり、日常であまりに汗をかくことがない運動不足な生活をしていると、熱の発生が少なくなり、汗線が活動しなくなります。
汗線の割合が増え、下半身や腰や、手足に汗をかくことが少なくなります。
手足の汗が少なくなると、顔などの皮膚で体温調整をさせられるようになり、顔の汗の負担が増えるのです。
適度な運動などで普段から汗をかうようにしたほうが良いと思います。
運動不足により、顔に汗をかいてしまうのです。

 

・女性ホルモン
女性ホルモンには汗をかいてもサラサラにしてくれる効果があります。
大豆イソフラボンは女性ホルモンを多くしてくれる食品です。
積極的に取り入れるようにすると良いかもしれません。
大豆や大豆製品に多く含まれています。
女性ホルモンを増やしたい場合にはこれらの食品を接種すると良いと思います。
食品から接収しやすい、和食中心の食生活を心がけることで大豆イソフラボンを取ることができます。

 

・下半身のしめすぎ
下半身をしめすぎると汗の分泌が悪くなる場合がありますので、きつすぎる洋服を着ないことも大切です。

 

顔汗は日頃の少しの努力で顔汗は予防できるとは思います。
難しいものもあるとは思いますが、簡単に予防できるものもあります。
女性であれば顔汗は化粧が崩れて困るものです。
なかなか予防するのも難しいかもしれませんが、手軽にできる方法で顔汗を予防し、いつも綺麗な女性でありたいものですね。

 

関連ページ

止まらない顔汗の治療方法
顔汗の治療方法をお知らせします。顔汗の治療をお探しの方はご参考にしてくださいね。
顔汗は更年期に関係してる?
顔汗は更年期とかなり密接。更年期が原因の顔汗にはホルモンバランスが関係しています。